QHMからワードプレスへの移行がやっと完了しました

2016年8月18日

  1. HOME >
  2. HPの作り方 >
  3. ワードプレス >

QHMからワードプレスへの移行がやっと完了しました

2016年8月18日

HAIK(QHM)の開発中止という発表よりもう数ヵ月が経ちましたが、この発表を受けてかなりの方がHAIK(QHM)からワードプレスへの移行を検討しているようですが皆さんは今後どうなさるつもりでしょうか?

私は今回のことを期にHAIK(旧QHM)で作成したホームページをWordPress(ワードプレス)へ移行することを決断いたしました。

 

QHMからワードプレスへの移行作業は比較的簡単に済ませた

HAIKからワードプレスへの移行

アナログ方式での移行だから誰でも移行することが出来ます

元々私は以前よりQHMが使えなくなるという懸念を持っていたので昨年(2015年)から少しづつ練習がてらワードプレスでブログの運営をしていたので、それほどワードプレスの操作などにも苦労せずHAIK(QHM)からワードプレスへの移行作業を終えることが出来ました。

当初、北研よりQHMからワードプレスへの移行ツールの開発をするようなアナウンスがありましたが、コチラQHM haik販売中止について・・・でも言っておりますが「やるやると言って結局行動に移さないしその後の報告も一切しない」というお得意の状況だろうと予想はしていたので自分で手作業でQHMからワードプレスへの移行を完了させました。

また、この記事を読まれている方の為にもHAIK(QHM)からワードプレスへの移行作業の方法など説明しときますね。

まぁ説明といってもとっても簡単にお話するので参考になるのかどうかは分かりませんがね・・・

 

QHMからワードプレスへの移行方法

QHMからワードプレスへの移行方法ってなんかカッコいい表現をしていますが、方法は非常にアナログ的な方法でHAIK(QHM)のサイトをただコピペしただけなんですよね・・・

ちょっと拍子抜けされた方もいるかも知れませんが、色々と難しい設定などをせず且つ安全に移行作業をするのならこれが1番良い方法だと思ったから私は実施してみました。

これ以上簡単な方法をご存知の方がいたら教えてください・・・

まぁ若干話が反れてしまいましたが、要は文章や画像などをコピーしてワードプレスのサイトにコピーするだけです。

非常に関単に説明したので「なぁんだぁ~それだけかよ」って突っ込まないでくださいね。

けど、ここで何点か注意しておかなければならないことがございます。

ですから、その注意点のお話はしときますね。

 

独自ドメインをそのまま使用するには

QHMからワードプレスへ移行する際に皆さんが気にされていることで『今までのドメインはそのまま使えるのか?』って疑問を持たれている方がいますが、私もかなりそのことを気にしていました。

また、仮にドメインはそのまま使用出来たとしてもコピペなどでQHMからワードプレスへ移行するとGoogleからコピーサイトとしてペナルティーを受けてしまわないか心配してしまいますよね。

そこで、先ずはそれらのサイトがコピーサイトと判断されないようにする作業がございます。

まずは、ドメインには「WWW」ありと「WWW」無しがありますが、実施に皆さんが使用しているドメインって「WWW」無しが多いですよね。

この「WWW」有り無しって実は自分でGoogleにどちらを使うかっていう設定が出来るんですよね。

また、この「WWW」無しでサイトを運営している場合には「WWW」有りのドメインはサブドメインとして使用できるので今回は「WWW」有りのサブドメインにワードプレスをインストールしQHMで作ったサイトの文章をコピペしました。

この辺の設定方法はまた別のページで説明するとしますね。

それと、すいませんが、サーバーにワードプレスをインストール方法は各自で調べてみてくださいね。

最近のサーバーであれば簡単インストールって方法が大抵あるのでサーバーにワードプレスをインストールすること自体は難しくないと思うので・・

スポンサーリンク

ワードプレスで作成したホームページはインデックスさせないようにする

あと、HAIK(QHM)サイトの文章をワードプレスへコピーしてGoogleにインデックスさせない方法を取っていた方が良いかと思います。

インデックスさせないというと若干表現方法が違うのかも知れませんがこのプラグインを入れておくことで仮に作りかけのワードプレスサイトへ誰(Google含む)かが訪問したとしてもログイン画面へ飛ぶので安心して移行作業が出来ます。

本当にワードプレスって色々なプラグインがあるのでその辺(インデックスさせない)のプラグインもワードプレスを立ち上げる際にインストールしとくと良いかと思います。

そして、そのプラグインは「No Login Redirect」になります。もしQHMからワードプレスへ移行を検討されている方がいたらこのプラグインを導入しとくことをおすすめします。

それと、移行作業が完了したら「No Login Redirect」の設定を解除することを決して忘れないでくださいね。

この設定の解除をし忘れたらいつまで経ってもワードプレスへ移行したサイトがGoogleやYahooといった検索エンジン経由でヒットしませんからね。

 

QHMからワードプレスへ移行する際に1番悩んだこと

QHMからワードプレスへ移行する作業自体ただ単に文章などをコピペするだけなので特に難しくはないかと思いますが、ワードプレスへ移行する際に1番悩んだことがどのテンプレートを使うかってことですかね。

本当にワードプレスって様々なテンプレート(デザイン)がありどのテンプレートを使えば良いのか悩みますよね。

そしてワードプレスのテンプレートって無料で使えるデザインや有料のデザインなど色々ありますがワードプレス初心者にはどれを使っていいのか分かりませんよね。

元々以前よりワードプレスで運用しているブログはただ単に私の日々をつづったブログなので無料のテンプレートsimplicityってのを使っていました。

このsimplicityいうテンプレートは色々な設定が出来るので無料で使えるテンプレートの中でも結構人気があるテンプレートなので無料のテンプレートを使おうと思っている方は良いかも知れませんね。

けど、今回QHMからワードプレスへ移行するサイト本業で使用しているサイトなのでSEOや見た目にもある程度こだわる為に有料のテンプレートを使用してみました。

実施に有料のテンプレートで候補に挙がったのが、1度は耳にしたことがある 「【賢威】」 や 「LIQUID PRESS」 といったテンプレートで、まぁ実施には2つとも購入しちゃったんですがね・・・

流石に2つもテンプレートを購入してしまうと予算的にも厳しかったんですが、本業のHPがしっかりしていないと本業の収入が減るので最低限必要な経費として考えなくてはいけませんよね。

 

ワードプレス有料テンプレートは「WING」に統一した

WordPressテーマ「WING(AFFINGER5)

こんなWordPressテーマが欲しかった

「賢威7」 や 「LIQUID PRESS」 といったテンプレートお購入いたしましたが、現在はWordPressテーマ 「WING(AFFINGER5)」へと全て変更しホームページを運営しています。

この「WING」というテンプレートは無料配布されている「STINGER8」の上位版に位置し、アップデートや機能追加なども頻繁に行われるのでHAIKのように今後が不安になるような要素は全くかと思います。

また機能もとても充実しており、例えばトップページに大型の記事スライドショーが簡単に追加出来たりこの上のバナー広告の様なボカシ入り画像も簡単に設定することも出来ます。※ボカシ画像にカーソルを合わせるとボカシが消えリンクしたところへジャンプも出来ます。

特にお気に入りの機能としてはカテゴリー別に記事のスライドショーも簡単に追加することも出来るので、ホームページの見せ方などもガラッと変わり素人の方でもプロが作ったようなホームページを作ることが出来ます。

カテゴリー別スライドショーはこんな感じで表示されます。これも非常に簡単に追加することができますよ

HAIKもとてもよいHP作成ソフトではありますが今後継続して使えるのかが不安な部分もありますので、この期に皆さんもWordPressへ移行を検討してみてみはいかがでしょうか

ワードプレステーマWING

公式サイト→http://the-money.net/

ホームページの作り方手順

またコチラではホームページ制作に関する様々な情報を掲載しておりますので、これからご自身でホームページを作られる方は是非ご覧ください

 

-HAIK(旧QHM), ワードプレス
-, ,